記事一覧

試験制度改定前のラストチャンス!

去る7月5日、日本内部監査協会よりCIA/公認内部監査人の新試験について発表されたことはご存知でしょうか。 【プレスリリースはこちら】http://www.iiajapan.com/certific ... 続きを見る

常態化した不適切な会計処理

首都圏は連日の猛暑が続きますが、不正会計の世界もここ最近リリースが続いているような気がします。 子会社の「ベッコアメ・インターネット」にて発覚した不適切な会計処理に対する調査報告書です。 概要に ... 続きを見る

粉飾すれば、給料・賞与が増える?

早いもので、今年も折り返し地点を迎えました。 日頃、情報収集を行うために以下のサイトを1日に数回は眺めるようにしています。上場企業のプレスリリースが一覧表示されるので非常に便利です。 例えば、7月1 ... 続きを見る

絶対的権力者の暴走から「内部統制の限界」を考える

去る6月16日、宝飾品やブランド品を販売する「クロニクル」が上場廃止決定に関するプレスリリースを公開しています。 元々低水準で推移している株価ですが、当リリース発表後には、更に下回り、一桁台まで落ち ... 続きを見る

金融庁の「不正リスク対応基準」を読む

2011年秋に次々と明るみになった大手企業の不正会計事件。その状況を看過できない金融庁が、一つの結論に至りました。 3月13日、金融庁の企業会計審議会監査部会にて、『監査における不正リスク対応基準』 ... 続きを見る

桜の便り&連結子会社における不正会計

今年も早いもので、桜の便りが届きました。 東京では3月16日(土)に開花が発表されました。平年より10日早く、統計開始してから過去タイのスピード記録になったようです。 話は変わりまして、今回は『不正 ... 続きを見る

数値目標のため。食品スーパーの不正会計

2012年末のことですが、長野県内に展開する食品スーパーにおいて、不適切な会計処理が発覚しました。その調査報告書が2月8日にリリースされていましたので、ご紹介させていただきます。 今回の不祥事を簡単 ... 続きを見る

CIAで学ぶ「リースバック」とは

今からちょうど1か月前のことになりますが、ソニーが米国本社ビル売却に関する契約の締結について報じられましたが、覚えているでしょうか? 今回の売却により、6億8500万ドル(1ドル=90円の場合:約6 ... 続きを見る

宮城県 山元町社協で起きた着服

以前、不正事例で取り扱った「ソリトンシステムズ」の元執行役員ですが、昨日2月7日に業務上横領の疑いで逮捕されました。 【バックナンバーはこちら】http://mpse.jp/abitus/v.p?0 ... 続きを見る

2013年、MBOの実施動向は?

今回ですが、過去にも取り扱ったMBOをテーマにしたいと思います。 2012年にMBOによる上場廃止を選択した企業は10社だったそうです。ブームに沸いた2011年は21社でしたので、約半分といったとこ ... 続きを見る

北海道シリーズ『着服事件』

前回、vol.35は「北海道内の大学」をテーマに記事を作成しました。 【バックナンバーはこちら】 Vol34:北海道内の大学で発生した『不適切な経理処理』 そこで今回も引き続き北海道シリーズというこ ... 続きを見る

北海道内の大学で発生した『不適切な経理処理』

北海道出身の私にとって、冬に雪が積もるという風景は日常的なことでしたが、「雪の無い冬」の生活を長らくしていると、妙に懐かしさを感じました。 望郷の念ではありませんが、ふと北海道内で何かネタになるよう ... 続きを見る

『虚栄心』が招いた不正会計

2012年12月7日、各種イベントやセールスプロモーションなどの企画制作・運営を行う企業において、不正会計に関する調査報告書がリリースされました。 その動機を見ていると、実績を上げることにより、「注 ... 続きを見る

レンタル企業ならぬ「CCC」とは?

12月5日の日経新聞(朝刊)にこのような記事がありました。 CCC(シーシーシー)という単語が出てきますが、これはDVDレンタル業者の略称ではありません。 実はCIA Part3の試験範囲にも含まれ ... 続きを見る

ギャンブル流用も?!子会社トップによる不正会計

秋以降、子会社トップによる不正会計が相次いで発生しています。 海外ばかりかと思いますが、残念ながら日本国内でも発生しています。(内部監査により発覚したそうです) 去る2012年10月2日、兵庫県内に ... 続きを見る

今年は多い?!海外子会社での不正会計

今年は、海外子会社での不正会計がやけに目立つ気がします。 去る9月28日、自動車部品の製造を手掛ける『ニチリン』の海外連結子会社(ニチリン テネシー インク)において、不正会計の発覚に関する記事がリ ... 続きを見る

「定率法」→「定額法」への変更の背景とは?

今回は、『週刊 経営財務』の記事をご紹介させていただきます。 有形固定資産の減価償却方法ですが、「定率法」→「定額法」に切り替えた企業が急増しているようです。 平成25年3月期の第1四半期に変更した ... 続きを見る

目立つ企業の横領と“4.5億円”

この一ヶ月、『横領』に関するニュースが目立ちましたので、ご紹介させていただきます。 ●イオン保険サービス → 横領した元社員が逮捕(4.5億円)●神姫バス子会社 → 元役員による横領が発覚(2.5~ ... 続きを見る

退職金・企業年金の会計ルール

ここ最近、「退職金・企業年金の積み立て不足」に関する記事が新聞・雑誌で取り扱われているような気がします。 先日発売された「週刊ダイヤモンド」を購読してみたところ、「新・退職給付会計で落ちる会社」と題 ... 続きを見る

海外子会社で発覚した不正会計

去る8月のことになりますが、沖電気工業の海外連結子会社(OKI Systems Iberica)において、不正会計が発覚しました。 9月11日にリリースされた外部調査委員会の調査報告書によると、今回 ... 続きを見る

執行役員が不正行為~1億7,000万円の着服

約2ヶ月前のことですが、執行役員が不正行為に関与した事件がありましたので、ご紹介させていただきます。  去る2012年7月4日、セキュリティ製品の開発・販売を行う『ソリトンシステムズ』にて1億7,0 ... 続きを見る

もしも大切なデータが消えてしまったら?

今回は久々にITネタを取り扱ってみたいと思います。※技術的な話は専門外なので致しません。あくまでITに係るリスクです。 「顧客データ」「財務データ」「人事データ」などなど業種・職種を問わず、日々の業 ... 続きを見る

内部監査人は増えているのか?減っているのか?

以前、2011年度の不正会計を開示した上場企業数は、過去5年で最多の32社という結果について調べたことがあります。 【バックナンバーはこちら】 Vol.19:2011年度に不正会計を開示した上場企業 ... 続きを見る

危険な会社は41社!ゴーイングコンサーンについて

6月8日のことですが、東京商工リサーチのホームページに興味深い記事が掲載されていましたので、ご紹介させていただきます。 3月決算の全上場企業2,504社のうち、「継続企業の前提に関する注記」(ゴーイ ... 続きを見る

内部監査研修の充実化に向けて

内部監査の充実化に向けての取り組みは、民間企業に限った話ではありません。今回は、「農業協同組合(以下:JA)」についてご紹介いたします。 JA全中(全国農業協同組合中央会)によると、内部監査の研修を ... 続きを見る

監査基準が変わる!~不正会計防止に向けて~

今回は、去る5月24日の日経新聞(朝刊)に掲載されていた記事を1つご紹介したいと思います。 金融庁は、公認会計士が監査する際の手続きなどを定めた「監査基準」の見直しに着手するようです。 来る5月30 ... 続きを見る

キャッシュフロー計算書から、企業の栄枯盛衰を辿る

3月期決算企業の最終決算ですが、連休明け以降相次いで発表されました。5月11日(金)にピークを迎え、ようやく出揃った感があります。 今回は不正ネタをお休みにして、会計について扱っていきたいと思います ... 続きを見る

2011年度に不正会計を開示した上場企業数は?

東京商工リサーチのホームページを見ていると、再度興味深いレポートがリリースされていました。 2011年度の不正会計を開示した上場企業数は、過去5年間で最多の32社という残念な結果に終わったようです。 ... 続きを見る

コンプライアンス違反で倒産!?

去る4月9日、東京商工リサーチより興味深いデータが公表されましたので、ご紹介させていただきます。 コンプライアンス違反が原因で倒産した企業数ですが、2011年度は153件あったそうです。2010年度 ... 続きを見る

『続』ここ最近の「横領事件」を探る

前回のコラムでは、「横領事件」についてご紹介させていただきました。今回は、「信用金庫(以下:信金)」について、フォーカスしたいと思います。 去る3月9日、北海道財務局が、「北海信金」に対し、法令順守な ... 続きを見る

意外にも多い!? ここ最近の「横領事件」を探る

最近、企業のトップマネジメントによる不正のニュースが多いですが、少し目線を変えて、「従業員レベル」にフォーカスしてみたいと思います。 従業員レベルの不正と言えば、「横領」が最たるものです。そのうちのい ... 続きを見る

「定率法」から「定額法」へ、帝人の例

一部の上場企業において、有形固定資産の減価償却方法を定率法から「定額法」に切り替えたり、「定額法」の範囲を拡大させるといった事例があるようです。 そのうちの1社である「帝人」にフォーカスしてみたいと思 ... 続きを見る

不正が発覚した企業のその後を追う

早いもので2月半ばを迎えました。今年の冬は日本海側を中心に記録的な大雪に見舞われています。ピークは過ぎたとは言われるものの、例年の2~3倍の積雪量のため、雪害が相次いて報道されています。 厄介と思わ ... 続きを見る

内部監査を通じて「棚卸資産を過大計上」を発見

2011年末の出来事になりますが、内部監査を通じて「棚卸資産を過大計上」を発見した企業についてご紹介させていただきます。 今回の事例ですが、従業員による意図的な不正ではありません。原因を大まかにまと ... 続きを見る

2012年、内部統制の枠組みが変わる!?

さて、新年最初のテーマですが、内部統制でおなじみの「COSOフレームワーク」について取り扱っていきたいと思います。 当フレームワークは、1992年に産声を上げ、今年でちょうど20年を迎える訳ですが、 ... 続きを見る

2011年のMBO実施企業数、ついに20社の大台に!

2011年の株式市場を振り替えると、「MBO(マネジメント・バイ・アウト)」が頻発した一年になりました。 直近の事例を申し上げますと、去る2011年12月16日、芸能事務所で有名な「ホリプロ(東証一 ... 続きを見る

杜の都で、常勤監査役が大暴走!?

去る2011年12月9日、日本監査役協会は、一連の不祥事に対し、監査役に一層の監査充実を求める提言をリリースしました。 ★「監査役が本来期待される職務を果たしていなかったことは明らか」★「監査役がそ ... 続きを見る

内部監査が企業ブランドの向上につながる!?

これまで扱ってきた内容は、「不正」を筆頭にネガティブなものばかりでしたので、今回はポジティブな内容を取り扱ってみたいと思います。 いろいろと調べてみたところ、内部監査を企業ブランドの向上につなげよう ... 続きを見る

「継続企業の前提」について

3月期決算の上場企業のうち、9月期中間決算において「継続企業の前提」に関する注記がついた企業は42社もあるようです。 サッカーに例えると、「イエローカード」の意味合いに近いと思います。ちなみに、全4 ... 続きを見る

止まらぬJA香川県の現金着服

オリンパス・大王製紙の事件について連日騒がれていますので、あまり知られていない不正事例をご紹介したいと思います。 いろいろと調べてみたところ、JA香川県(香川県農業協同組合)において、「現金着服」が ... 続きを見る

社債発行による資金調達

ここ1か月(2011年10月17日以降)の社債発行について調べてみたところ、8社よりプレスリリースが出されていました。そのうち、金額が大きい3社を以下挙げてみたいと思います。 【オリックス:660億 ... 続きを見る

コーポレートガバナンスが問題なのか?

次々と明かされる新事実 一連の騒動で揺れるオリンパスが、先日新たに「損失隠し」を長らく行っていたことを発表しました。 バブル崩壊後の1990年代、財テクに失敗したことに起因しています。同社が保有して ... 続きを見る

「元役員による会社資金の横領」から内部監査を考える

ここ最近、大手製紙メーカー元会長の巨額借入(約100億円)が騒がれているのは既にご存知かと思います。 今回の大騒動とは別件で、会社役員が絡む不正が約1か月前に明らかになりました。保険比較サイト運営会 ... 続きを見る

会計の概念で見る「すき家」の事例

庶民の味方である牛丼チェーンの一角「すき家」ですが、つい先日、警察庁より防犯体制に不備が目立つとして異例の指導を受けました。 今年の1~9月に発生した牛丼店の強盗事件(71件)のうちなんと約9割にあ ... 続きを見る

2011年、MBO活況の裏側で「上場廃止」について

今年のMBO(マネジメント・バイ・アウト)は既に昨年実績を超えており、活況と日経新聞でも報じられていましたが、その一方で、後ろ向きな理由で株式市場からの退場を余儀なくされる企業も存在します。例えば、そ ... 続きを見る

「社長の独断専行」から内部監査を考える

携帯電話向けのコンテンツの開発を手掛ける「fonfun」という会社によると、証券等監視委員会が同社に対し、課徴金納付命令の勧告を行った旨をプレスリリースで公表しました。 【プレスリリース】http: ... 続きを見る
CIA無料説明会を予約する  CIA資料を取寄せる(無料)