公認内部監査人(CIA) よくあるご質問

皆様から、よくいただくご質問についてお答えいたします。解決しない場合は「お問合わせ」よりお気軽にご質問ください。

学習について

 合格までには、どれぐらいの学習時間が必要になりますか?

 当校のプログラムで学習いただいた場合、内部監査の実務経験がない方でも、講義時間を含めて約400時間の学習で合格が可能です。お仕事と並行しながらの学習でも、約6ヶ月の学習で合格レベルに到達できます。

 CIA財務会計入門コースは必ず受講しないといけないのですか?

 CIA財務会計入門コースは、会計の知識をお持ちでない方を対象にした有料オプション講座(eラーニングによる通信コースのみ)です。簿記3級程度の会計知識をお持ちでない方は、Part3の学習開始までにご受講されることをお勧めいたします。

試験について

 CIAの試験日はいつですか?

 ピアソンVUEのテストセンターにてお好きな日程で受験することが可能です。※ただし、初回の受験手続には2~3週間を要しますのでご注意ください。

 受験の手続方法を教えてください。

 日本内部監査協会のホームページに提出書類のPDFが用意されております。印刷後に直接記入の上、協会宛に郵送してください。

 PC操作にあまり自信がないので、受験するのが不安です。

 試験問題は全て四択になっております。解答方法は、PC画面上で正しい選択肢をクリックするだけで済みますのでご安心ください。

 海外でも日本語で受験することは可能ですか?

 はい。試験予約の際に日本語を選択してください。

受験時にIIAの個人会員登録は必要ですか。

IIAの個人会員登録は必須ではありません。ただし、登録をすると会員価格の受験料で試験を受験することができます。
受験費用は、こちらをご覧ください。 会員登録には、1~2ヶ月かかりますので、ご注意ください。

2019年10月よりスタートする新試験とはどのようなものですか

CIA試験の範囲を示したシラバスが改定され、それに伴い試験の出題範囲の割合や内容が新しくなります。
国際的な実務を試験問題に反映させ、IT分野の出題比率が拡大されました。現行試験での受験は2019年9月30日までとなります。詳しくはこちらをご覧ください。

資格認定について

 資格認定条件における実務経験を満たしているか確認したいのですが?

 こちらのページに掲載している実務経験を2年以上お持ちでしたら、全Part合格後に資格認定を受けることができます。

 継続教育(CPE)にかかる費用はどの程度になるのでしょうか?

 イベント・講習会への参加、内部監査協会が提供しているeラーニングなど多彩な手段があり、またその費用も様々なため一概には言えません。ご参考までに、アビタスの「継続教育対応講座」の場合、1CPE単位あたり¥2,000が目安となります。

CIA無料説明会を予約する  CIA資料を取寄せる(無料)