公認内部監査人(CIA)試験について

公認内部監査人(CIA)試験制度について

試験制度について

題内容は「浅く広く」が特徴です。内部監査人としての基本知識を問う問題ばかりですが、出題範囲は広くなっており、効率よく全体を網羅する学習が必要になります。 また、CIA試験は科目合格制度を採用しているため、1Partずつ受験されることをお勧めします。 続きを読む
公認内部監査人(CIA)受験条件・資格認定条件について

受験条件・資格認定条件について

4年制大学を卒業が受験条件になります。要件を満たされていない場合でも実務要件があれば受験可能です。資格認定には、試験合格に加え、内部監査またはこれに相当する業務(外部監査、監査役監査、品質のアシュアランス、リスク・マネジメント、コンプライアンス、内部統制 等、監査や評価業務に関するもの)2年以上の実務経験 続きを読む
公認内部監査人(CIA)継続教育制度について

継続教育制度について

CPEとは公認内部監査人(CIA)認定者が専門職として相応しい能力・知識の開発を継続し、称号を維持するに値することの証明を目的とした制度です。 続きを読む
CIA無料説明会を予約する  CIA資料を取寄せる(無料)