公認内部監査人(CIA) 旧試験制度について

旧試験制度について(4科目構成)

IIA(内部監査人協会)国際本部より、CIA資格試験プログラムを2013年10月に変更することが発表されています。変更前は、以下の通り試験が実施されています。

試験科目
科目名 出題形式 問題数 試験時間
Part1 ガバナンス、リスク、コントロールにおける内部監査の役割 四択 90問 2時間30分
Part2 内部監査の実務 四択 90問 2時間30分
Part3 ビジネス分析と情報技術 四択 90問 2時間30分
Part4 ビジネス・マネジメント・スキル 四択 90問 2時間30分

Part4について

  • 旧試験では、特定の資格保有者に限り、Part4免除が認められています。
  • ただし、新試験(3科目構成)に移行後、当制度は廃止されます。※特定資格の有無に関わらず、受験科目は共通化されます。
  • IIA発表の予定通り、2013年10月に新3パートの試験が開始される場合、4科目構成の試験申込登録の締切日は、2013年9月20日(金)(消印有効)となります。

科目合格の移行措置

新制度導入までに全科目合格されていない方の移行措置については、科目によって異なりますので、以下表をご覧ください。

旧試験で合格している科目 新試験における扱い
旧Part1合格 新Part1合格扱いになります
旧Part2合格 新Part2合格扱いになります
旧Part3合格+ 旧Part4合格
もしくは
旧Part3合格+ 旧Part4免除
新Part3合格扱いになります
旧Part3合格
(旧Part4合格・免除していない場合)

新試験に移行してから、6ヶ月以内に限り旧Part4試験を受験することができます。
以下のいずれかを満たすことで新Part3合格扱いになります。

  • ●旧Part4に合格
  • ●旧Part4免除手続き
Part4合格もしくは免除
(旧Part3合格していない場合)
新Part3の受験が必要です

現在、セミナーでは旧試験に関するご案内を行っておりません。
ご質問等ございましたら、以下フォームよりお願いいたします。

CIA無料説明会を予約する  CIA資料を取寄せる(無料)