公認内部監査人(CIA)合格者 安東 睦雄さん

CIAは若い世代のキャリアアップにも直結。使命感にも似た高揚感から受験を決意。
安東 睦雄さん 総合商社 内部監査勤務

資格取得のきっかけ

私がアビタスでCIA講座を受講しようと考えたのは、入社以来内部監査室に勤務していたこともあり、J-SOXの施行決定により内部統制監査の重要性が従来以上に求められることから、自分自身の能力への危機感と、一方で社会的に求められる責務に応えたいという使命感にも似た高揚を憶えたことがきっかけでした。

アビタスで学習をしたことのメリット(講義、教材などについて)

アビタスで学習して合格された方は間違いなくおっしゃると思いますが、MCカードが試験勉強の全てです。サイズもコンパクトな問題集であり、ちょっとした移動時間でも勉強時間が確保できるので、受験勉強の基本戦略はMCカードをひたすら解きなおし、解説を読み込むことで合格できると思います。

繰り返しすぎて順番を憶えてしまった方はWEBプラクティスで順番をランダム選択して解きなおすこともお勧めです。加えてPARTⅢのIT分野だけはMCカードに加えテキストも繰り返し読むことをお勧めします。

試験では見たこともないITに関する問題も出てきますが、文中のキーワードから正解を推測(または消去)することも可能ですのであきらめないでください。合否は1問の差で決まります。お恥ずかしい話ですが、事実私はPARTⅢで2回連続、1問足りず不合格になりました。

資格を保有してメリットとなった点、現職に対するメリット

CIAを取得して感じた一番のメリットは、やはり仕事に対するモチベーションのアップです。今一番ホットな話題であるJ-SOX対応に向けて、会社の中で実務的に中心となって業務を行えているのも、CIAを取得できたからこそ得られたチャンスだと思っております。

また、特にPARTⅠ・Ⅱで学んだ実施基準・実践要綱は業務上の判断を行う上でも非常に役立っております。私が受験した際は、同年代よりも、監査室長クラスと思われる方々が多く受験されていたのが印象的でした。CIAは内部監査部門で働かれている若い世代の方々のキャリアアップに直結できる資格ですので是非挑戦してみてください。

CIA無料説明会を予約する  CIA資料を取寄せる(無料)