公認内部監査人(CIA)合格者 大木 一宏さん

CIA合格者
どの職種にも共通して必要となる心構え、また内部監査の手法/実施要領等を体系的に学べた
大木 一宏さん 地方銀行内部監査部門勤務5年

CIAを目指した理由

私は銀行システム部に20年に渡って勤務した後、体調を崩し、休職。そして内部監査部門に配属されました。

営業店実務の経験がないままに営業店を臨店し、評価する立場になり、営業店事務については勉強するしかないのですが、経験がないことはどうしようもなく、自分の中に後ろ盾が欲しく、「それでは内部監査のプロになろう」と思ったのがきっかけです。

アビタスを選んだ理由・メリット

書籍等の情報が極端に少ない中で、資格取得者の体験談等を読み、アビタスともう1校の実質2択の中でも、特にCIA合格実績が多いアビタスを選びました。

福岡には教室がないため、教材の売り切りコースを選択しました。

CIAの学習を通じて得た事、メリット等

内部監査を実施するにあたって、どの職種にも共通して必要となる心構え、また内部監査の手法/実施要領等を体系的に学べたことです。

これからCIAを目指す方へのアドバイス等

私が実施した勉強法は、まず、講義のDVD、問題集を電子化し、CIA勉強用にiPadを購入して全て取り込みました。
家族があるため自宅テレビを独占してのDVD視聴は行わず、通勤途中、および出社前30分勤務後帰宅前1時間を学習時間としました。

休日は2時間程度、図書館に通って勉強しました。

勉強方法はまずはDVDを見ながらテキストを読み、次にテキストのみ熟読、そして問題集を解く。

この流れを反復して行いました。

仕事をしながらの勉強は時間の確保が最大の問題と思います。

通勤前、出社前、出社後に勉強し、帰宅後は休息に当てることをお勧めします。

人にもよると思いますが私はCIA取得は1年がかりでした。根を詰めすぎず、無理せず少しずつの積み重ねが必要になると思います。

CIA無料説明会を予約する  CIA資料を取寄せる(無料)